税金が発生すると覚えておこう

>

納める税金を減らしたい

ベテランの税理士が良い

最も重要なのは、相続財産の価値を正しく見極めることです。
預金は株式なら価値がすぐにわかりますが、土地や家屋は価値を評価するのが難しいです。
同じ遺産でも税理士ごとに異なって価値を解釈され、遺産には大きな価値があると過大に評価されることもあるので注意してください。

経験が少ない税理士だと、そのような間違いが起こりやすいです。
間違いを起こさないためにも、実績を豊富に持つ人に相談してください。
長年相続税の問題を受け付け、解決してきたベテランなら安心できます。
何年ぐらい税理士として活躍しているのか調べ、納得できた税理士に連絡しましょう。
さらに相続税を抑えるためには、控除や特例を利用することも欠かせません。
控除や特例の知識があることも、確かめてください。

依頼されている件数を見よう

お願いしたい税理士がどのくらいの実績を持っているのか、依頼件数を見て調べてください。
依頼件数が少ない税理士は、実績がなく実力が不足していると考えられます。
実績が少ない税理士に相談しても、うまく相続税を抑えることができません。
さらに本来の金額よりも少ない金額を申告すると、怪しまれて税務調査が行われます。
その時に追徴課税が発生し、実際よりも高い相続税を納めなければいけない展開に発展してしまいます。

税理士に相談しているのに、そのような問題が起こったら意味がありません。
相談した時に発生した費用も無駄になるので、きちんと税理士の経験や依頼件数を調べてください。
口コミやランキングを見て、多くの人がおすすめしている税理士を選択するのが良い方法です。


この記事をシェアする

トップへもどる