税金が発生すると覚えておこう

>

わからないことは聞こう

詳しいことを聞こう

親戚が亡くなった時に、遺産を相続する可能性があります。
その時は、相続税を納めなければいけないことを忘れないでください。
納める金額を間違えると大変ですが、納める金額は相続した財産の金額に応じて変わるので、相続税に関して勉強していない素人が計算するのは難しいです。

素人判断で処理をせず、相続税に詳しい専門家を呼んでください。
税金の専門家が、税理士になります。
ただ税理士の中でも相続税のジャンルを学んでいない、つまり全く知識を持っていない人も存在するので、選択する時は注意してください。
どのジャンルが得意なのか、きちんと相続税のことを学校で勉強しているのか確認しましょう。
その点に問題がなければ、相続人同士が話し合う段階から来てもらいましょう。

専門的に受け付けている

どの税理士が良いのかわからなかったら、専門的に相続税のことだけを受け付けている人に依頼するのが良い方法です。
オールジャンルの相談を受け付けている税理士だと様々な場面で役立ちますが、持つ知識が少ないことが考えられます。
広く浅い知識しか持っていないので、こちらが疑問に思ったことに対して答えられないかもしれません。

専門的な税理士だったら、狭く深い知識を持っています。
相続税のことなら何でも聞いて良いので、困った時に頼れるでしょう。
税理士のホームページを見ると、得意ジャンルや専門ジャンルが記載されています。
しかし相続税専門の税理士はそれほど多くないので、見つかるまでに時間が掛かります。
慌てなくていいように、早めに探し始めましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる